品質管理
品質管理室では、お客様に弊社の製品を安心してお召し上がりいただけるよう、HACCPシステムによる品質管理を行っております。 HACCPとは、最終製品の検査に重点をおいた従来の方法とは異なり、食品の安全性について製造工程中における危害を洗い出し、 危害を除去できる工程を特定して、そこを重点的に管理することにより、全工程を通して危害の発生を防止し、製品の安全性を図る方法です。

加工室での衛生管理は、細菌を付けない、細菌を増殖させない、細菌を生かさないよう努めています。 製造に使う機械や器具類は洗浄殺菌を適切に行い、加工室内の温度も低温に管理されています。
また、異物混入防止対策として、工場内の整理整頓、入室時の粘着ローラーやエアーシャワーの実施に努めています。

製造ライン上の検品は、原料解凍時やパッキング前、パッキング後など色々なポイントで品質検査機器と目視によるチェックを組み合わせて行います。
X線異物検出機、金属検出機、ウェイトチェッカーなどの検査機器があります。

工場での生産は、作業室の温度管理を徹底し、衛生的な環境で行われています。
日々、衛生管理とともに品質(おいしさ等)の確認を行っています。

日本語 | English
TOP